中古マンション売却に強い不動産屋の見分け方

中古マンション売却に強い不動産屋の見分け方

マンション売却に際して、あなたの心強いアドバイザーとなり、知識と知恵を授けてくれるパートナーとなるのが「不動産屋」です。右も左も初めての「マンション売却体験」を成功に導く、優秀なガイドとなってくれる不動産屋選びのコツをお伝えしていきましょう。

まず、一口に「不動産屋」と言っても、さまざまなタイプの不動産があります。ざっと挙げるだけでも、

・新築マンションや一戸建てを建設・販売する不動産屋
・住宅以外の投資マンションや土地の仲介を専門とする不動産屋
・大家業が専門の不動産屋
・商業用不動産や倉庫の仲介が得意な不動産屋

など、扱う分野・得意分野は細分化されているのです。こうした、さまざまなタイプの不動産屋の中から、あなたは「マンションの売却仲介が得意な不動産屋」を探し出して、依頼しなければなりません。

もちろん、どんな不動産屋であっても免許は一緒ですから、マンション売買を取り扱えないことはありません。ですが、普段賃貸業務してかしていない不動産屋に売却仲介を頼んだとしても、売買の段取りはもちろん、売り方のテクニックも知らないでしょう。これでは、納得のいく結果が得られない可能性が高くなります。

では、具体的にどのようにして「マンションの売却仲介が得意な不動産屋」を見つければよいか。次の3つのポイントに注意して、依頼したい不動産屋をピックアップしてみて下さい。

【ポイント1】チラシに中古マンションの情報が多い

新聞の折込広告や街中に置いてあるチラシで、紹介されている物件の種類をチェックします。ここに、中古マンションの情報が多い場合は、依頼先の候補となります。ただし、同じ中古マンションでも、収益物件や賃貸物件を中心に載せているところは、あなたのニーズとは異なるので、候補から外します。

【ポイント2】店頭に掲示してある物件情報から得意分野を見分ける

実際に、不動産屋の店頭まで足を運んでみて下さい。そこには、物件資料が所狭しと貼られているはずです。全体を見渡して、一番目立つところにどんな種類の物件が掲載されているかチェックするのです。

売却用中古マンションの広告があるようなら候補となります。不動産屋の立場からすれば、もっとも動く物件、イチオシしたい物件を目立つところに置くのが鉄則。逆に、中古マンションの掲載がない、あっても隅の方に1件だけなら、マンション売却には、あまり力を入れていないと考えられます。

【ポイント3】ホームページの内容をチェックする

調べたい不動産屋の名前がわかれば、Googleやヤフーで検索してホームページを閲覧します。特に、不動産屋の名前がわからない場合は「地域名(例:名古屋市、新宿区など)、不動産屋」と検索をかけると、お住まいの地域の不動産屋を調べることができます。

また、「マンション売却 査定 無料」のように検索をすると、無料一括査定ができるサイトが出てきます。そのページに掲載されている不動産屋から目星をつけて、名前で検索をかけてみても良いでしょう。

個々のホームページでチェックするのは【ポイント1】【ポイント2】の場合と同じです。

この作業で大切なのは、「不動産業者によってメインの業務が違う」ということを意識しながら、どのような物件を主に取り扱っているのかを観察することです。

ただ、大都市では賃貸専門、マンション専門のように専業化している不動産業者も少なくないですが、地方都市などでは「土地も一戸建てもマンションも、売買も賃貸も全てやっている」というケースが比較的多いかもしれません。その際は、実際に話を聞いてみて、得意分野をリサーチする必要があるでしょう。

こうしたケースや、ピックアップした不動産屋から、さらに信頼できるパートナーを絞っていく際には、「『査定額』だけで依頼先を決めてはいけない」「『できる営業マン』を見分ける3つの質問」を参考にしてみて下さい。


関連記事一覧

一括査定、参加企業一覧を開く

参加企業紹介

参加不動産会社(全100社以上)一部紹介

会社一部紹介

参加企業一覧を閉じる

必ず売るための戦略の建て方 売れない理由と対処法マンション売却の交渉術 トラブルの無い売買契約のために

都道府県が選択されていません。
市区町村が選択されていません。
ご指定いただいたエリアへのお問合せは、現在取り扱っておりません。
ページトップ